WordPressテーマTwenty Elevenでグローバルナビゲーションのフォントを変える方法

Pocket
LINEで送る

本投稿記事の内容は、「WordPress3.4」のテーマ「Twenty Eleven1.4」での話であり、バージョンが大きく異なると動作しない場合があります。
※2013/01/07追記 テーマ「Twenty Twelve」の場合については「WordPressテーマTwenty Twelveでグローバルナビゲーションの背景色、フォントを変更する方法」を参考にして下さい。

WordPressテーマTwenty Elevenの標準のままだと、表示される文字のフォントが美しくないと感じていたので、フォントを変えてみることにしました。

今回は、投稿記事サイドバーヘッダータイトルのフォントに続き、グローバルナビゲーションのフォントの変更方法についてです。

変更するフォントは、同じく、

を参考に「ヒラギノ角ゴ Pro W3」、「メイリオ」、「MS Pゴシック」、「sans-serif」にしました。いろいろ問題もあるみたいですが、Macでは「ヒラギノ角ゴ Pro W3」、WindowsVista以降では「メイリオ」 、WindowsXPでは「MS Pゴシック」 、それ以外では「sans-serif」を表示させる事を想定しています。但し、私はWindowsVistaしか持っていないため、WindowsVistaでしか確認は出来ていません。

グローバルナビゲーションのフォントを変える方法

/wp-content/themes/twentyeleven内にある「style.css」の「=Menu」を下記の様に変更すればフォントを変えることが出来ます。小テーマを作っている場合は、間違えず小テーマ側の「style.css」を変更して下さい。

例)「style.css」
フォントを「ヒラギノ角ゴ Pro W3」、「メイリオ」、「MS Pゴシック」、「sans-serif」に変更する場合


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/* =Menu
-------------------------------------------------------------- */

#access {
	background: #222; /* Show a solid color for older browsers */
	background: -moz-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	background: -o-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	background: -webkit-gradient(linear, 0% 0%, 0% 100%, from(#252525), to(#0a0a0a)); /* older webkit syntax */
	background: -webkit-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	-webkit-box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	-moz-box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	clear: both;
	display: block;
	float: left;
	margin: 0 auto 6px;
	width: 100%;
}
#access ul {
	font-size: 13px;
	list-style: none;
	margin: 0 0 0 -0.8125em;
	padding-left: 0;
}
#access li {
	float: left;
	position: relative;
}
#access a {
	color: #eee;
	display: block;
	line-height: 3.333em;
	padding: 0 1.2125em;
	text-decoration: none;
}
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


|追加


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/* =Menu
-------------------------------------------------------------- */

#access {
	font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3','Hiragino Kaku Gothic Pro','メイリオ',Meiryo,'MS Pゴシック',sans-serif;	/*	追加	*/
	background: #222; /* Show a solid color for older browsers */
	background: -moz-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	background: -o-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	background: -webkit-gradient(linear, 0% 0%, 0% 100%, from(#252525), to(#0a0a0a)); /* older webkit syntax */
	background: -webkit-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	-webkit-box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	-moz-box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	clear: both;
	display: block;
	float: left;
	margin: 0 auto 6px;
	width: 100%;
}
#access ul {
	font-size: 13px;
	list-style: none;
	margin: 0 0 0 -0.8125em;
	padding-left: 0;
}
#access li {
	float: left;
	position: relative;
}
#access a {
	color: #eee;
	display: block;
	line-height: 3.333em;
	padding: 0 1.2125em;
	text-decoration: none;
}
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これでグローバルナビゲーションのフォントが変わったはずです。

ちなみに、「=Menu」の「#access ul」「#access li」「#access a」に追加しても同様に変更出来るみたいです。

————————————————–
WordPressテーマTwenty Elevenでグローバルナビゲーション部に区切り線を入れる方法(改定版)

本投稿記事の内容は、「WordPress3.4」のテーマ「Twenty Eleven1.4」での話であり、バージョンが大きく異なると動作しない場合があります。

以前、WordPressテーマTwenty Elevenでグローバルナビゲーション部の各項目間に区切り線が入っておらず不満だったため、グローバルナビゲーション部に区切り線を入れる方法を説明しました。しかし、区切り線が2pxや1pxなど不揃いになっていたりと完全ではありませんでした。(これについてはこちらを参照して下さい。)あらためていろいろと弄ってみて、綺麗に区切り線を入れることが出来たので説明します。

グローバルナビゲーション部に区切り線を入れる方法

/wp-content/themes/twentyeleven内にある「style.css」の「=Menu」
を下記の様に変えれば区切り線を入れる事が出来ます。小テーマを作っている場合は、間違えず小テーマ側の「style.css」を変更して下さい。

例)「style.css」
区切り線の色を#bcbcbcにする場合


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/* =Menu
-------------------------------------------------------------- */

#access {
	background: #222; /* Show a solid color for older browsers */
	background: -moz-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	background: -o-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	background: -webkit-gradient(linear, 0% 0%, 0% 100%, from(#252525), to(#0a0a0a)); /* older webkit syntax */
	background: -webkit-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	-webkit-box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	-moz-box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	clear: both;
	display: block;
	float: left;
	margin: 0 auto 6px;
	width: 100%;
}
#access ul {
	font-size: 13px;
	list-style: none;
	margin: 0 0 0 -0.8125em;
	padding-left: 0;
}
#access li {
	float: left;
	position: relative;
}
#access a {
	color: #eee;
	display: block;
	line-height: 3.333em;
	padding: 0 1.2125em;
	text-decoration: none;
}
#access ul ul {
	-moz-box-shadow: 0 3px 3px rgba(0,0,0,0.2);
	-webkit-box-shadow: 0 3px 3px rgba(0,0,0,0.2);
	box-shadow: 0 3px 3px rgba(0,0,0,0.2);
	display: none;
	float: left;
	margin: 0;
	position: absolute;
	top: 3.333em;
	left: 0;
	width: 188px;
	z-index: 99999;
}
#access ul ul ul {
	left: 100%;
	top: 0;
}
#access ul ul a {
	background: #f9f9f9;
	border-bottom: 1px dotted #ddd;
	color: #444;
	font-size: 13px;
	font-weight: normal;
	height: auto;
	line-height: 1.4em;
	padding: 10px 10px;
	width: 168px;
}
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/* =Menu
-------------------------------------------------------------- */

#access {
	border-top:1px solid #bcbcbc;	/*	追加	*/
	background: #222;  Show a solid color for older browsers 
	background: -moz-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	background: -o-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	background: -webkit-gradient(linear, 0% 0%, 0% 100%, from(#252525), to(#0a0a0a));  older webkit syntax 
	background: -webkit-linear-gradient(#252525, #0a0a0a);
	-webkit-box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	-moz-box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.4) 0px 1px 2px;
	clear: both;
	display: block;
	float: left;
	margin: 0 auto 6px;
	width: 100%;
}
#access ul {
	font-size: 13px;
	list-style: none;
	margin: 0 0 0 -0.8125em;
	padding-left: 0;
}
#access li {
	float: left;
	position: relative;
}
#access a {
	color: #eee;
	display: block;
	line-height: 3.333em;
	padding: 0 1.2125em;
	text-decoration: none;
}
#access ul ul {
	-moz-box-shadow: 0 3px 3px rgba(0,0,0,0.2);
	-webkit-box-shadow: 0 3px 3px rgba(0,0,0,0.2);
	box-shadow: 0 3px 3px rgba(0,0,0,0.2);
	display: none;
	float: left;
	margin: 0;
	position: absolute;
	top: 3.333em;
	left: 0;
	width: 188px;
	z-index: 99999;
}
#access ul ul ul {
	left: 100%;
	top: 0;
}
#access ul ul a {
	background: #f9f9f9;
	border-bottom: 1px dotted #ddd;
	color: #444;
	font-size: 13px;
	font-weight: normal;
	height: auto;
	line-height: 1.4em;
	padding: 10px 10px;
	width: 168px;
}
/*	ここから追加	*/
#access ul li{
	margin-top:-1px;
	margin-left:-1px;
	border-top:1px solid #bcbcbc;
	border-right:1px solid #bcbcbc;
	border-bottom:1px solid #bcbcbc;
	border-left:1px solid #bcbcbc;
}
#access ul li + li{
	margin-top:-1px;
	margin-left:-1px;
	border-top:1px solid #bcbcbc;
	border-right:1px solid #bcbcbc;
	border-bottom:1px solid #bcbcbc;
	border-left:1px solid #bcbcbc;
}
/*	ここまで追加	*/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これでグローバルナビゲーション部に区切り線を入れることが出来ます。2行以上になっても1pxで区切り線が入ります。但し、最下部の線はグローバルナビゲーションの外枠の線と微妙にずれるので、若干太くなります。これも直そうとしたのですが、これを直そうとすると他の線に影響が出るため諦めました。

なお、本記事は

を参考にしました。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



スポンサーリンク