AndroidスマートフォンP-01Dが壊れてしまった

Pocket
LINEで送る

以前、AndroidスマートフォンP-01Dが壊れてしまい、(勝手に)白ロムだと修理費用が高くなると話をしたのだが、その後、「白ロムでも、販売から1年間は、保証規定内での無償修理対象となる」という話を聞き、早速、ドコモショップへ行って来ました。

結論から言うと、P-01Dは壊れていませんでした。従って、修理はしませんでした。

まず、ドコモショップへ行ってバッテリーチェックをしました。バッテリーが空とのことでした。壊れている以前に起動するはずがありません。

次に、バッテリーをドコモショップの物と交換してみます。なんとP-01Dが起動しました。なぜ???元のバッテリーが原因か???

それから、ちょっとだけ充電された元のバッテリーに戻してみます。これまた、起動します。あれ、なぜ???ひょっとしてケーブルが原因か???ドコモショップの人曰く、「付属していた純正のケーブル以外を使用すると使っているうちに接触不良で充電出来ない事がある」との事でした。確かに壊れる一ヶ月前に、純正のケーブルを外出時の予備として使うため、常用として安いケーブルを買って交換しました。まさか、ケーブルが原因とは・・・

家に帰って、試しに、ケーブルを繋いでみます。やっぱり、充電出来ません。ケーブルが原因か!この時はそう思っていました。純正のケーブルで充電してみます。なぜか、充電出来ません。??????

ケーブルでないとしたら、もう一つ思い当たるところがあります。AC100VをUSBに変換するAC100V-USBアダプタです。充電用のケーブルを買った時に、同じくUSBが2ポートタイプのAC100V-USBアダプタを買って交換しました。

そこで、AC100V-USBアダプタを付属していた純正の物に戻してみます。思った通り、充電出来ます。AC100V-USBアダプタに原因があるとは・・・

元設計をしていた身としては、AC100V-USBアダプタが壊れていることも原因の一つとして考えるべきでした。反省しています。昔の設計をしていた頃の苦い記憶が蘇って来ます。

これでスマートフォンの「P-01D」、テレビやディスプレイを利用するスティック型の「MK802II」の2台のAndoroidマシンが手に入りました。後は、タブレットです。外出用のスマートフォン、自宅用のタブレット、家族用のスティック型と揃えたくなって来ます。AliExpressでの通販に魅了されて、中華タブレットを買ってしまいそうで怖いです。

※2012/09/01追記
P-01Dは壊れていませんでした。AC100V-USBアダプタに原因がありました。
詳細は「AndroidスマートフォンP-01Dは壊れていなかった」を御覧下さい。

関連記事(旧ブログ)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

3 thoughts on “AndroidスマートフォンP-01Dが壊れてしまった

  1. はじめまして。
    もし、まだP-01Dを修理に出されていないのであれば、ご参考まで。

    ドコモでは、端末の製造番号でいつ販売されたものかを管理しているそうで、保証書がなくても、白ロムでも、販売から1年間は、保証規定内での無償修理対象となるようです(水没、落下、液晶割れ、改造、ほか故意による故障は対象外)。
    私も別機種ではありますが、白ロムで購入しMVNOのSIMで使っていたスマートフォンを無償修理してもらったことがあります。

    とりあえず、お近くのドコモショップにご相談されてみてはいかがでしょうか。

  2. momongaさん、初めまして。

    大変、有益な情報ありがとうございます。どうせ大変な出費になるだろうと修理に出さず、ほったらかしでいました。今度、ドコモショップに行ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



スポンサーリンク