格安データ通信SIMカードでネットと無料通話を出来る環境を作った

Pocket
LINEで送る

今までスマートフォン「P-01D」を自宅内のWi-Fiで使用していた。最初はそれで満足していたのだが、外出した時にネット環境が欲しくなることが多くなってきたので、格安のSIMカードを契約した。

維持費を出来るだけ安くしたかったのと、動画とかは見ないので低速でも良くて、とりあえずメールとかSNSとかが使え、上手く行けば「LINE」や「Skype」などの無料通話が使えるだろうDTIの「ServersMan SIM 3G 100」を契約した。月額490円である。必要な時には有料で所定の容量まで100kbpsの速度制御を解除出来るサービスもあり、そして解約の縛りも解約金もないのも選択理由である。

通話の確認はしていないが、Skypeテストで録音した音声を聞くことは出来た。Wi-Fiでの使用より音声品質は若干悪く、途切れ途切れにもなったが使えなくはなさそうなので我慢することにした。

LINE」「Skype」の他に「comm」「カカオトーク」「Viber」のアプリもインストールしておいた。

他にFUSIONの「IP-Phone SMART」で050番号を取得し、「AGEphone」アプリを入れ通常の電話も使える様にした。「050 plus」でも050番号が持てるが毎月基本料が掛かってしまう。だが「IP-Phone SMART」では基本料が無料である。緊急用のつもりで普段使う気がないので最適である。

「P-01D」は標準のSIMカード対応なのですが、将来のことを考えてスマートフォンを変えても使える様にMicroSIMカードで契約してMicroSIM→SIMカード変換アダプタで変換して使用しています。

※2013/03/01追記
なぜか「AGEphone」アプリでWi-Fiでも3Gでも「IP-Phone SMART」が接続出来ない(前にWi-Fiで接続出来た事があったのに?)ので、「Chiffon」アプリをインストールしてみたが、発着信が出来ず断念。結局、「CSipSimple」アプリをインストールして、発着信が出来るのを確認した。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

BluetoothスピーカーSRS-BTV5を手に入れた

Pocket
LINEで送る

BluetoothスピーカーSRS-BTV5を手に入れたので報告します。色は白で「SRS-BTV5/WC」になります。

外箱はこんな感じです。↓

中身は本体、マイクロUSBケーブル、キャリングポーチ、クイックスタートガイド、リファレンスガイドです。↓

今までBluetooth対応機器は持っておらず、初めてのBluetooth対応機器となります。早速スマートフォン「P-01D」とペアリングしてみます。Bluetooth機能ONで簡単に接続出来ました。NFCで簡単に接続出来るみたいですが使いませんでした。

音質はスマートフォンのスピーカやPCのスピーカから聞くより良い感じです。(個人差による)

Windows PCでも使いたいと思ってAliExpressから僅か$2弱の超格安のBluetooth Adapterを買ってペアリングしてみたのですが、接続出来ませんでした。相性の問題なのか?Bluetooth Adapterの問題なのか?不明です。

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク