この夏Android機器が次々と壊れてしまった

Pocket
LINEで送る

今年の夏は記録的な猛暑であった。これも原因のひとつなのか?次々とAndroid機器が壊れてしまった。

まず壊れたのがTVにHDMI接続するスティック型AndroidマシンであるMK808である。7月にスマートフォンをP-01DからSH-06Dへ変えた。これによりMK808を使わなくなってしまったのだが、8月に入り久しぶりにMK808の電源を入れてみるとTV画面に何も映らない。以前壊れたRikomagic MK802IIと同じ症状である。ほぼ1年の寿命であった。

次に壊れたのが7月に買ったばかりのSH-06Dである。買ってから2ヶ月程経ってからのことである。電源を入れても起動途中のAQUOS文字表示画面から一向に進まないのである。買ったばかりだったのでドコモショップにて本体の無料交換となった。

その次がP-01Dである。SH-06Dが壊れた事により、SIMカードをP-01Dに入れて使おうとリアカバーを外そうとしたが、どうしても外せない。

P-01Dのリアカバーは特殊で裏側に単純に被せているのでは無く、リアカバーをスライドさせ被せる方式である。外す時はリアカバーを指で押し付けスライドさせ外す事となる。

どうしても外せなくて、仕方ないので壊れたSH-06Dの修理と一緒にドコモショップへ持って行き、外してもらおうと考えた。しかし、ドコモショップの店員さんでも外せなかった。良く見るとバッテリー部分がパンパンに膨れているのである。店員さんに渡した時は膨れていなかったのに、外せないと返してもらった時にはパンパンになっていたのである。力いっぱい押し付けたことにより、バッテリーに負荷が掛かりバッテリーが膨れてしまったと思われる。文句のひとつでも言おうかと思ったのだが、SH-06Dが予想外に無料で交換となった事に気を良くしたのと、バッテリーを外すのには、どうしてもバッテリー部分を押し込まないといけないので仕方ないのかなぁと思えたことと、ひょっとしたら、家で外そうとした時に気が付かないけど、その時すでに僅かに膨れていた可能性もあると考えて止めておいた。

P-01DはMVNOのSIMカードでもテザリングしてモバイルルーター代わりに使えるということで、今でも結構人気があるらしいが、今回の様に、一度バッテリーが膨れてしまうとリアカバーが外せなくなるので注意が必要である。ただ、リアカバーを壊せば外せそうではある。

ドコモショップに聞くと、修理に最低でも5,250円と電池パック1,680円は掛かるそうである。リアカバーを壊せばさらに840円が掛かってしまうことになる。それなら新しく買った方が良さそうなので修理は止めておいた。

幸いにも電源は入り、動作はするので取り敢えずはデータのバックアップは取ることは出来そうである。

携帯電話はこの18年間壊れた事無かったのに、1年半前に初めてAndorid機器を手にしてから、4台の機器を使ったのだがその全てが壊れてしまった。Android機器ってこんなに壊れやすい物だったのか?

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



スポンサーリンク