Prev 1 2 ... 4 5 6 ... 11 12 Next

新しいスティック型Androidマシン「Rikomagic MK802IIIS」「MK808B」「MK809」「MK809II」

Pocket
LINEで送る

新たに「MK802」系の名前を持つスティック型Androidマシンが世に出ているみたいである。そんなマシンについて調べることにした。

なお、中華製であり信頼性はあまりなく、誤記もあるかも知れませんので下記仕様については参考程度に考えて下さい。

  1. Rikomagic MK802IIIS
    • CPU:RK3066 Dual Core Cortex-A9 Up to 1.6GHz
    • GPU:Quad- Core 2D/ 3D/ OpenGL ES2.0(AMD Z430)/ OpenVG1.1
    • OS:Android 4.1
    • RAM:1GB DDR3
    • Memory:8GB Flash
    • Expansion Micro SD:T-Flash(Maximum support 32GB)
    • Bluetooth:Compatible with v1.0 to v3.0
    • WiFi:802.11 b/g/n
    • Ports:HDMI(male),Micro SD slot, USB host*1,USB OTG*1, USB power port; LED(Blue)
    • Accessory:HDMI cable, USB power cable, manual, USB adapter(female to male)

    Bluetooth対応

  2. MK808B
    • OS:Android 4.1.1
    • CPU:Rockchip RK3066 Dual Core 1.2-1(Cortex-A9)[Dual-Core ARMv7(VFPv3,NEON)]252~1608MHz
    • GPU:ARM Mali-400 MP
    • RAM:DDR3 1GB
    • ROM:On borard NAND Flash 8GB
    • Expand Micro SD:T-Flash(Maximum support 32GB)
    • Bluetooth:Support
    • Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n
    • Ports:1 x Mini HDMI、1 x Mini USB(OTG/HOST)、1 x USB、1 x Mini USB(Charging)、1 x TF card slot

    Bluetooth対応

  3. MK809
    • CPU:RK3066 Cortex-A9,Up to 1.6GHZ
    • Inner memory:1GB DDR3
    • Memory:4G
    • Storage:copy to the mini SD card or storage in mobile hard disk
    • OS:Android 4.1
    • Storage Expansion:MINI SD memory card and mobile hard disk expansion
    • USB:USB HOST 2.0
    • SD card:MINI SD card
    • HDMI:Connecting high-definition TV, the output audio and video signals.
    • Display:Through the HDMI output display

  4. MK809II
    • CPU:Rockchip RK3066 1.6GHz Cortex A9 Dual core
    • GPU:Mali400, 2D/ 3D/ OpenGL ES2.0/ OpenVG1.1. Video Decoding: Support 1920x1080p@60fps Video Encoding: Support encoding in H.264. 1080p@60fps, 720@100fps
    • OS:Android 4.1.1
    • RAM:1GB
    • Nand Flash:8GB
    • Storage External:Support TF Card up to 32GB
    • WiFi:WiFi 802.11b/g/n
    • Bluetooth:Bluetooth 2.1
    • Keyboard/Mouse:Support USB 2.0 Wired Keyboard/Mouse; Support 2.4G Wireless Keyboard/mouse; Support Air/Fly Sensor Remote controller/Support Bluetooth Mouse/Keyboard
    • HDMI Interface:Support 1920x1080P @60Hz Full HD Video output
    • Ports:2x Micro USB 2.0,1x Full Size USB 2.0,1x TF Card Slot,1x HDMI port
    • Accessories:1 x Android Mini PC,1 x AC Charger Adapter,1 x USB Cable,1 x User Manual(English)

    Bluetooth対応

やっと、Bluetooth対応のスティック型Androidマシンが登場した。「MK802IIIS」「MK808B」「MK809II」はほぼ同じ様な仕様である。「MK809」はBluetooth対応マシンが出現した今となっては見劣りする。

この他にも新しいスティック型Androidマシンが多数出現しているが、それらについてはまた改めて調べる事にする。

関連記事(旧ブログ)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

スティック型AndroidマシンMK808をほぼ一ヶ月使ってみて分かったこと

Pocket
LINEで送る

以前、「スティック型AndroidマシンMK808を一週間使ってみて分かったことなどを書き留めておく」で「MK808」を一週間使ってみて分かったことをまとめた。「MK808」が届いてほぼ一ヶ月たったので、新たに分かったことをまとめた。

  1. キーボードは英語キーボードの方が良い
  2. 日本語キーボードへの設定変更の仕方が分からない。そもそも出来ないのかもしれない。日本語キーボードを繋いでも全く使えないという事は無いが、英語キーボードの設定のため一部キー配列が違うので入力に困る時がある。外付けキーボードを繋げる時は英語キーボードの方が良い。

  3. 無線LAN受信感度はこんなものかな
  4. 受信感度がスマートフォン(P-01D)に比べて弱い気がしたので、スマートフォンを「MK808」と同じ位置(テレビの後ろ)に持って行きアプリ「Wifi Analyzer」を使い受信レベルを調べたが、そんなに大差がなかった。我が家のテレビの後ろというのは受信環境が悪いみたいである。我が家が特別なのかテレビが妨げになっているのか分からないが、一般的にこの様なスティック型はテレビの後ろに設置する事が多いと思われるので、受信レベルが弱い場合には延長ケーブルで設置位置を変える必要がある。

  5. 外付け有線LANアダプターが使えない?
  6. LANアダプタ「BUFFALO LUA-TX」をUSBで繋いで有線LANが使えないか試してみたが、使えなかった。「MK808」が対応していないのか、「LUA-TX」が対応していないのかは分からない。ひょっとして設定があるのか?

  7. 外付けカメラが使えない?
  8. 「Logitec V-UM27(NQV-41HS Qcam Messenger)」を繋いでカメラが使えないか試してみたが、使えなかった。「MK808」が対応していないのか、「V-UM27」が対応していないのかは分からない。ひょっとして設定があるのか?

  9. スクリーンショットが撮れない
  10. 本来スクリーンショットが撮れるはずの「Android SDK」を使っても、アプリ「SnapPea」を使ってもスクリーンショットが撮れなかった。ホームアプリ「GO ランチャー EX(Go Launcher EX)」ではアプリなどを起動しないホーム画面ならスクリーンショットが撮れるはずだが、これも撮れなかった。何とかスクリーンショットを撮りたいのだが、方法はないのだろうか。

  11. 時々、画面が真っ暗になったり、表示色がおかしくなる
  12. アプリを実行させた瞬間に画面が真っ暗になることがある。しばらくすると元に戻る時もあるし、数分待っても真っ暗のまま戻らない時もある。そうなると再起動するしかない。

    あと、何かの拍子に画面の表示色がおかしくなる時がある。ピンクっぽい色になり元に戻らない。再起動するしかない。

関連記事(旧ブログ)

Pocket
LINEで送る

新しいスティック型AndroidマシンMK802IIIの存在に気がついた

Pocket
LINEで送る

ネットを見ていたら、「MK802III」という新しいスティック型Androidマシンが存在しているのに気がついた。先月末ぐらいには発売されていたみたいである。そんな「MK802III」について調べてみた。

Rikomagic MK802III

  • CPU:RK3066 Dual Core
  • GPU:Quad- Core 2D/ 3D/ OpenGL ES2.0(AMD Z430)/ OpenVG1.1
  • OS:Android 4.1
  • Main Frequency:Cortex-A9,Up to 1.6GHZ
  • RAM:1G DDR3
  • Memory:4GB/8GB
  • Expand Micro SD:T-Flash(Maximum support 32GB)
  • WiFi:802.11 b/g/n
  • Ports:HDMI(male),Micro SD slot, USB host, USB power port; LED(Blue)
  • Accessory:HDMI cable, USB power cable, manual, USB power adapter(optional)
  • Unit Size (mm):90mm*40mm*13mm

「MK802II」と同じRikomagic社の製品である。私の買った「MK808」と似た仕様である。

「MK808」との大きな違いは、「MK808」ではキーボードやマウスを接続するUSB-A(メス)コネクタとOTG/HOST用のミニUSB(メス)のコネクタがあったのだが、「MK802III」ではHOST表示のあるUSB-A(メス)コネクタだけみたいである。

「MK802II」との大きな違いは、同じ様に「MK802II」ではキーボードやマウスを接続するUSB-A(メス)コネクタとOTG/HOST用のマイクロUSB(メス)のコネクタがあったのだが、「MK802III」ではHOST表示のあるUSB-A(メス)コネクタだけみたいである。

憶測ではあるが、ここには外付けHDDなどの他にキーボードやマウスも接続することが可能ではないかと思われる。元々「MK802II」や「MK808」では、どちらに外付けHDDやキーボードやマウスを接続しても動作していた。ただ、同時接続時にはUSBハブが必要にはなる。

それから、HDMI(オス)コネクタが本体に直付けである。これは「MK802II」と同じであり、テレビなどへ直接接続出来る。しかし、放熱のことを考えるとテレビへ直接接続してテレビの熱を受けるより、ケーブルで延長して熱を受けない様ににした方が良い様に思える。ちなみに、「MK808」ではミニHDMI(メス)コネクタとなっており、必ずケーブルで延長して使用することになっている。

他にはメモリが4GBと8GBの2種あるみたいである。「MK802II」は4GBで、「MK808」は8GBだった。

気になる大きな違いはこんなところである。

他に気になることは、「MK802II」ではGoogle Playからクロームがインストール出来なかったが、「MK802III」ではどうだろうか?それから、以前「MK802II」を買ったことがあるが一週間で壊れてしまった。「MK802III」は大丈夫だろうか?これらが改善されているのか気になるところである。

あと、以前、調べたことのある「UG802」も「MK802III」と呼ばれていたりするみたいである。時には「CS802」とも呼ばれているみたいである。注意が必要である。

関連記事(旧ブログ)

Pocket
LINEで送る

 Prev 1 2 ... 4 5 6 ... 11 12 Next

スポンサーリンク