1 2 3 Next

Aliexpressから英語仕様のワイヤレスキーボード&マウスのセットが届いた

Pocket
LINEで送る

2ヶ月ぐらい前に「MK808」用に英語仕様のワイヤレスキーボードとマウスが欲しくなり、Aliexpressで格安ののセットを見つけては発注して、その度にキャンセルされるという状態が続いていました。最終的に発注せずに中断したと思っていてすっかり忘れていたのですが、どうやら発注していたみたいで英語仕様のワイヤレスキーボード&マウスのセットが届きました。

Amazonでのこれが似た製品かな?↓

外箱はこんな感じです。↓

↑Webページ上では型名が書いてありませんでしたが、型名はどうやら「K628」みたいです。

キーボードです。↓

↑シールみたいので文字が貼ってある感じで、擦れば剥がれそうです。本当にシールかどうか分かりませんが怖いので擦りません。

単4アルカリ電池2個で3ヶ月動作するみたいです。電源スイッチがないので、電池を入れてから3ヶ月ということなのかな?↓

マウスです。型名は分かりません。↓

単4電池2個で動作します。なぜかこれには電源スイッチがあります。それからレシーバを入れるスペースがあります。↓

使ってみた印象は、反応がちょっと鈍いみたいです。仕方ないので我慢して使う事にします。

価格は1,500円ぐらいでした。Amazonで日本語仕様のワイヤレスキーボード&マウスのセットを買うのとそんなに変わらない値段です。↓

関連記事(旧ブログ)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

Aliexpressへ注文したキーボードとマウスのセットが届かずキャンセルされてしまった

Pocket
LINEで送る

1ヶ月以上前に中国のネット通販サイトAliexpressで、$5のワイヤレスのキーボードとマウスのセットを発見したので「MK808」用にと発注を出したのですが、とうとう届かず、先日自動的にキャンセルされてしまいました。

自動的にキャンセルされるのは良いのですが、気になる事があります。Aliexpressからのメールでは出来るだけ早く支払いを払い戻すとあるのですが、クレジットカードの引き落としが来週に迫っていることです。クレジットカードの処理が発注を出した日(1月中)に行われており、その支払いが来週にあります。これって、一旦支払った後に戻って来るってこと?それとも引き落としが減額されるってこと?戻って来るにしても減額されるにしてもその分の費用が発生しなければ良いのですが・・・。取り敢えず様子を見ることにします。

今回のショップは最初から怪しいとは思っていました。$5という想像を超える値段の安さと過去の購入者の評価欄を見ると$0.01という更に驚きの価格になっていました。

それに気がついたらショップのリンクが消えているし、商品ページにはいつの間にか連絡して$3のディポジットを払う必要があると表記されていました。これでまず間違いないなと思いました。

流石中国、簡単には買わせてくれません。

さて、代わりのワイヤレスのキーボードとマウスのセットをまた探すとするか。

※2013/03/05追記
本日、クレジットカードの引き落としがありましたが、しっかり、$5分引き落とされていました。後日、払い戻しがあるのだろうか?

関連記事(旧ブログ)

Pocket
LINEで送る

エアマウス付き超小型2.4GHzワイヤレスキーボードいろいろ

Pocket
LINEで送る

スティック型Androidマシンを操作するのにタッチパッド付きのワイヤレスキーボードも良いのだが、慣れていないせいかタッチパッドの操作がいまいちぎこちない。ワイヤレスキーボードのことを調べているうちにエアマウス付きのワイヤレスキーボードが良いのではないかと思えてきた。実際に使っていないので本当の使い心地は分からないが・・・

ということで「MK808」でも使えそうなエアマウス付き超小型2.4GHzワイヤレスキーボードについていろいろ調べてみた。

この中では、両手で持ってキーを打てそうな「KP-810-16A」「KP-810-16V」あるいは「R600」が魅力的に見える。タッチパッド付きのワイヤレスキーボードを買う前に気づいていれば、こっちを買っていたかもしれない。

その他のキーボードは、横幅が広過ぎたり、十字キーやタッチパッドが邪魔してキーを打ちづらそうに思える。

それから、「RC12」には「MK808」の電源をON/OFF出来るボタンが付いているらしい。同様なスティック型Androidマシンの電源もON/OFF出来る可能性がある。同じメーカーの「RC11」「RC13」にも同様のボタンがあるので、同じく電源をON/OFF出来るかもしれない。

他メーカーの「F10」と型名不明のキーボードにも同じようなボタンがあるので、他の外部機器の電源をON/OFF出来る可能性がありそうだ。

関連記事(旧ブログ)

Pocket
LINEで送る

 1 2 3 Next

スポンサーリンク