Prev 1 2 3 4 5 ... 32 33 Next

スマートフォンP-01Dに変え、SH-06Dを買った

Pocket
LINEで送る

私の持っているスマートフォンP-01Dのメモリ(ROM)の容量が限界に来ているということで新しいスマートフォンを買う事にした。

私の場合、最新機能やフルスペックのスマートフォンで無くても良く、出来るだけだけ安価に購入、維持をと考えていた。それでも最低でも欲しい条件はあり下記を考えていた。

  • NTTドコモのAndroidスマートフォンであること。
  • 現在使っているDTIの格安SIM「ServersMan SIM 3G 100」を引き続き使いたいため。

  • FOMA回線のAndroidスマートフォンであること。
  • 「ServersMan SIM 3G 100」SIMがFOMA回線のため。FOMA回線SIMはFOMA回線端末では使用可能であるが、Xi回線端末では使用不可である。
    ちなみにXi回線端末SIMはFOMA回線端末、Xi回線端末両方で使用可能である。

  • 防水対応であること。
  • 安価に維持したいのでケータイ補償お届けサービスには入らないつもりである。それでいて長く使いたいと思っているので、丈夫であって欲しいと考えたため。

  • FeliCa(おサイフケータイ)対応であること。
  • 現在使っているので引き続き使いたいため。

  • おくだけ充電又は卓上ホルダでの充電機能が付いていること。
  • P-01DがマイクロUSBコネクタによる充電だったのだが、コネクタキャップが1年も経たず壊れてしまったため、コネクタキャップを開閉しなくても充電出来る方法にしたかった。

  • バッテリーの取り外しが出来ること。
  • 長く安価に使いたいと思っているので、自分でバッテリーの交換が出来るものにしたかった。

  • CPUは1.2GHz以上のDual Core以上、RAMは1GM以上、ROMは8GB以上であること。
  • 感覚的な話であるが、このぐらいの性能は欲しかった。

  • スマートフォン本体価格が安価であること。
  • 取り敢えず、最初の一ヶ月はパケット契約して、いろいろ設定したり弄ったりして、翌月からはパケット契約は解除してSIMは今まで使っていた携帯電話に入れて使い、 スマートフォンには「ServersMan SIM 3G 100」SIMを入れて使うつもりである。従って、無駄な契約をした上で毎月の利用料金から割引くサービスの「月々サポート」などでは無く、本体価格を割引くサービスにて安くなっていて欲しい。

これらの条件を元に選んだのがSH-06Dである。
————————————————-
発売日
製品名 OS_Ver CPU RAM/ROM
カメラ画素 ディスプレイサイズ/解像度 サイズHxWxD/質量
LTE/防水/防塵/FeliCa/NFC(FeliCa搭載)/ワンセグ/赤外線通信/テザリング/おくだけ充電/急速充電/卓上ホルダ 備考
————————————————-
2012/03/23
SH-06D(AQUOS PHONE) Android 4.0.4 1.2GHzx2(OMAP4460) 1GB/8GB
約800万 約4.5インチ/720×1280ドット 約128x66x11.8mm/約145g
×/○/○/○/×/○/○/○/×/?/○

来月からは携帯電話とスマートフォンの2台持ちとなり、毎月の利用料金は下記となります。

  • 携帯電話は「FOMAタイプシンプルバリュー」「いちねん割引」「ファミリー割引」「iモード」の契約で約1,100円。
  • 他に通話料金とiモードのパケット料金も掛かりますが、ほとんど使わない予定。

  • スマートフォンはDTIの「ServersMan SIM 3G 100」の契約で490円。
  • 追加料金で高速通信可能。

  • この他にスマートフォン本体代として毎月約450円が24ヶ月掛かります。

他にSO-03D(Xperia acro HD)も魅力的であったが、バッテリーの取り外しが出来ないことで断念した。
————————————————-
発売日
製品名 OS_Ver CPU RAM/ROM
カメラ画素 ディスプレイサイズ/解像度 サイズHxWxD/質量
LTE/防水/防塵/FeliCa/NFC(FeliCa搭載)/ワンセグ/赤外線通信/テザリング/おくだけ充電/急速充電/卓上ホルダ 備考
————————————————-
2012/03/15
SO-03D(Xperia acro HD) Android 4.0.4 1.5GHzx2(MSM8260) 1GB/16GB
約1210万 約4.3インチ/720×1280ドット 約126x66x11.9mm/約149g
×/○/×/○/×/○/○/○/×/?/○

SH-06Dを買った後で発表になったのだが、DTIのSIM「ServersMan SIM 3G 100」が「ServersMan SIM LTE 100」と名前を変え、来る8月より価格据え置きでLTE回線対応になるのである。もうちょっと早く発表があったならXi回線端末も検討対象になったかもしれない。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

WordPressでブログを初めて1年たったので、プラグインの見直しを行った

Pocket
LINEで送る

WordPressでブログを初めて1年たった。その間、プラグインを色々と導入していたのだが、ほとんどデフォルト状態で効果を発揮していない状態のものもあり、1周年を記に設定の見直しを図った。そして新たなプラグインの導入も図った。

最終的に導入しているプラグイン19個をリストアップしておく。

導入プラグイン

設定詳細については、また改めて書きたいと思います。それから、今後も、いろいろと導入プラグインを見直す事があると思うので、定期的に記録していくことにします。

Pocket
LINEで送る

広帯域ソフトウェア受信機にもなるワンセグチューナーDS-DT305を買った

Pocket
LINEで送る

PCを使いながらTVを見ることがあるのだが、そのTVがPCの真後ろにあり、ほとんど音声だけ聞いている現状である。節電にも悪く、ガッツリ見たい訳では無いので格安のワンセグチューナーで充分と思い、探す事にした。そこで見つけたのが、ZOX社の「DS-DT305」である。Amazonで1,500円以下の格安で買えます。

外箱はこんな感じです。↓

↑録画も出来ます。

本体です。↓

↑手前右にあるのが、アンテナ接続端子です。

本体アンテナ接続端子とTV用アンテナ端子(F型コネクタ)へ接続するケーブルです。↓

直接、受信する時のアンテナです。↓

付属品のCD、保証書、スタートガイド、取扱説明書です。↓

製品仕様です。

早速、付属のアンテナを接続してみたが映らなかった。元々、自宅はスマートフォンのワンセグが映らない電波環境のため、期待はしていなかった。壁からのアンテナ信号を分配して接続すると映るようになった。ワンセグであるので画質はそれなりであるが、そこそこ映れば良いので充分である。

「DS-DT305」を調べて見ると、どうやらVHF、UHF帯の広帯域ソフトウェア受信機にもなるらしい。これをSDR(Software-defined radio)と言うらしい。ソフトウェア受信機として使うには、ドライバーを入れ直したりする必要があるみたいである。興味はあるが、今回買った本来の目的はワンセグチューナーとしてなので、取り敢えず諦める事にする。「DS-DT305」を2台繋いで、1台はワンセグチューナーとして、もう1台はソフトウェア受信機として使えないのだろうか?不明なので、やはりこのままワンセグチューナーとして使う事にする。

将来、別のチューナーを手に入れた時にでも「DS-DT305」をソフトウェア受信機として試してみることにする。

Pocket
LINEで送る

 Prev 1 2 3 4 5 ... 32 33 Next

スポンサーリンク