1 2 Next

WordPressのバージョン3.3.2から3.4への更新とTwenty Elevenの1.3から1.4への更新時の注意点

Pocket
LINEで送る

今後のために覚書きとして記録しておきます。

新しくWordPressのバージョン3.4が出たので、3.3.2からのバージョンアップを行うことにしました。ちょっと心配なので、まず同じ設定にしたローカルで確かめることにしました。

WordPressの更新とは別に、テーマTwenty ElevenとTwenty Tenもバージョン1.3から1.4へ上がる更新通知も届いていました。WordPressをバージョンアップすればこれらも自動で1.4になると思っていました。

まずはバックアップを取って、WordPressの更新ボタンを押しました。無事更新が終了しました。どうやら動いているみたいです。しかし、テーマTwenty ElevenとTwenty Tenはバージョン1.3のままです。テーマの更新は個別にしないとダメみたいです。

そこで、まずTwenty Tenのテーマ更新をしました。使ってはいませんが、一応、更新しておきました。問題無く終了しました。

続いて、Twenty Elevenの更新をしました。Twenty Elevenを元にした子テーマを使用しているので動かなくなる可能性もあるだろうと思っていたので、ここでまたバックアップを取っておきました。更新を実行しました。案の定、動かなくなりました。「wordpress 現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」のメッセージが出て、管理画面もブログのページも見れない状態になってしまいました。仕方ないので、Twenty Elevenの中身を全部消して、バックアップファイルから戻し、何とか元の状態に戻りました。

考えた結果、テーマをTwenty Elevenで有効化してから更新すれば大丈夫なのでは?と思い、小テーマからTwenty Elevenへテーマを切り替え実行してみました。結果は成功しました。テーマを小テーマに戻してみましたが、問題なく動作しているみたいです。ただ、小テーマの元となるTwenty Elevenのバージョンは1.4で、小テーマはバージョン1.3を元に作っているのでどこかで不具合が出るかもしれません。バージョン1.4のTwenty Elevenを元にした小テーマへ作り直す必要があります。そのためにまず、Twenty Eleven1.3と1.4のcss、php、jsファイルの中身について違いを調べることにしました。

その他に、バージョンアップが上手く行かないのには、

という話もあるので、注意が必要です。

それから、WordPressのバージョンを3.4にすることにより、ヘッダー画像を任意のサイズにする事が可能となったので、以前の記事「WordPressテーマTwenty Elevenのヘッダー画像のサイズを変更する方法」を行う必要が無くなりました。

テーマTwenty Eleven1.3と1.4の違い(css、php、jsファイル)

  • 404.php同じ
  • archive.php同じ
  • author.php違う
  • category.php同じ
  • comments.php同じ
  • content.php同じ
  • content-aside.php同じ
  • content-featured.php同じ
  • content-gallery.php同じ
  • content-image.php同じ
  • content-intro.php同じ
  • content-link.php同じ
  • content-page.php同じ
  • content-quote.php同じ
  • content-single.php違う
  • content-status.php同じ
  • editor-style.css違う
  • editor-style-rtl.css同じ
  • footer.php同じ
  • functions.php違う
  • header.php違う
  • image.php同じ
  • index.php同じ
  • page.php同じ
  • rtl.css同じ
  • search.php同じ
  • searchform.php同じ
  • showcase.php違う
  • sidebar.php同じ
  • sidebar-footer.php同じ
  • sidebar-page.php同じ
  • single.php同じ
  • style.css違う
  • tag.php同じ

colorsフォルダ

  • dark.css同じ

incフォルダ

  • theme-customizer.js追加
  • theme-options.css同じ
  • theme-options.js同じ
  • theme-options.php違う
  • widgets.php同じ

jsフォルダ

  • html5.js同じ
  • showcase.js同じ

Twenty Elevenの「author.php」、「content-single.php」、「editor-style.css」、「functions.php」、「header.php」、「showcase.php」、「style.css」、「theme-options.php」を元に小テーマを作っている場合、小テーマを見直す必要があります。

当ブログは「header.php」、「style.css」を小テーマとして使っているので、見直してみましたが、ローカルでは問題無く動作しているみたいです。後日、当ブログもバージョンアップする予定です。

※2012/06/19追記 当ブログもバージョンアップしました。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

WordPressでブログを初めて1ヶ月たったので、これまでにしたことをまとめておきます

Pocket
LINEで送る

本投稿記事の内容は、「WordPress3.3.2」のテーマ「Twenty Eleven1.3」での話であり、バージョンが大きく異なると動作しない場合があります。

早いものでWordPressでブログを初めて1ヶ月たちました。WordPressを試行錯誤しながら設定し、プラグインもいろいろ導入しました。今後のためにこれまでに何をしたのかここにまとめておきます。

公開前、公開時、公開後と3つに分け、それぞれでどんなことをしたのかまとめます。

公開前

  1. ドメイン名取得
    • 「スタードメイン」で「researchnote.net」取得
  2. レンタルサーバ準備
    • 以前から使用様している「ミニバード」を使用
  3. PCにXAMPPをインストール
    • 以前からXAMPPはインストール済
  4. PCへWordPressのインストール及び初期設定、MySQLの設定

公開時

  1. サーバへWordPressのインストール、MySQLの設定
  2. PCからサーバへデータを転送
    • 子テーマのデータを転送(「style.css」のヘッダー部は修正)
  3. WordPressの設定
    • 子テーマの設定
    • ウィジェットの設定
    • リンク色の設定
    • パーマリンクの設定
    • プラグインの導入
    • 問合せフォーム作成
    • その他

公開後

  1. WordPressの設定
  2. プラグインの導入
    • 「All in one Favicon」:ファビコンを設定
    • 「DB Cache Reloaded Fix」:データベースのクエリをキャッシュ化して高速化
    • 「Google XML Sitemaps」:サイトマップを自動で作成
    • 「Head Cleaner」:ヘッダ領域とフッタ領域を整形して最適化して高速化
    • 「Pagebar2」:ページナビゲーションを表示
    • 「Twenty Eleven Theme Extensions」:Twenty Elevenテーマを拡張
    • 「WP Social Bookmarking Light」:ソーシャルブックマークのボタンを追加

今後、いろいろと設定を見直す事があると思うので、定期的に設定とか導入プラグインを記録していくことにする。

Pocket
LINEで送る

WordPressテーマTwenty ElevenでFaviconを設定する方法

Pocket
LINEで送る

本投稿記事の内容は、「WordPress3.3.1」のテーマ「Twenty Eleven1.3」での話であり、バージョンが大きく異なると動作しない場合があります。
2012/06/03追記 「WordPress3.3.2」での動作を確認しました。
2012/06/20追記 「WordPress3.4」テーマ「Twenty Eleven1.4」での動作を確認しました。

本ブログにFaviconを設定した。プラグインを調べてみると「All in one Favicon」「WP Favicon」の2種(他にもあるかもしれないが・・・)がみつかった。プラグインを使わない方法もあるらしいが、取り敢えずは手っ取り早く設定したいのでプラグインを使うことにした。
どちらが良さそうなのか、2種を使い比べてみることにした。トップ(ルート)ページ、個別ページ、カテゴリーページ、アーカイブページ、固定ページ、タグページ、日付(カレンダーで選んだ日付)のページで正しく表示されるか確認した。

  1. All in one Favicon
  2. Ver.4.0
    設定方法:
    管理画面の「設定」-「All in one Favicon」でFaviconにするico、png、gifファイルのどれかをアップロードする。設定が良く分からなかったがFrontendのところだけアップロードしてOKだった。

    • トップ:○
    • 個別:○
    • カテゴリー:○
    • アーカイブ:○
    • 固定:○
    • タグ:○
    • 日付:○

    上記の全てのページで正常に表示された。

  3. WP Favicon
  4. Ver.0.1
    設定方法:
    /wp-content/themes/twentyeleve内にfavicon.icoを入れる。小テーマを作っている場合は、小テーマ側のフォルダへ入れる。

    • トップ:○
    • 個別:○
    • カテゴリー:○
    • アーカイブ:○
    • 固定:×
    • タグ:×
    • 日付:×

    たまたまかもしれないが、固定ページ、タグページ、日付のページでは表示されなかった。トップページ、個別ページ、カテゴリーページ、アーカイブページでも時々表示されなくなる。不安定である。

2種を使い比べた結果、正常に動作している「All in one Favicon」のプラグインを使うことにした。プラグインを使っていると遅くなりそうなので、いずれは、プラグインを使わない方法を試してみたい。

なお、元の画像ファイルがpngだったので

でicoファイルに変換した。

Pocket
LINEで送る

 1 2 Next

スポンサーリンク