新しいスティック型AndroidマシンMK802IIIの存在に気がついた

Pocket
LINEで送る

ネットを見ていたら、「MK802III」という新しいスティック型Androidマシンが存在しているのに気がついた。先月末ぐらいには発売されていたみたいである。そんな「MK802III」について調べてみた。

Rikomagic MK802III

  • CPU:RK3066 Dual Core
  • GPU:Quad- Core 2D/ 3D/ OpenGL ES2.0(AMD Z430)/ OpenVG1.1
  • OS:Android 4.1
  • Main Frequency:Cortex-A9,Up to 1.6GHZ
  • RAM:1G DDR3
  • Memory:4GB/8GB
  • Expand Micro SD:T-Flash(Maximum support 32GB)
  • WiFi:802.11 b/g/n
  • Ports:HDMI(male),Micro SD slot, USB host, USB power port; LED(Blue)
  • Accessory:HDMI cable, USB power cable, manual, USB power adapter(optional)
  • Unit Size (mm):90mm*40mm*13mm

「MK802II」と同じRikomagic社の製品である。私の買った「MK808」と似た仕様である。

「MK808」との大きな違いは、「MK808」ではキーボードやマウスを接続するUSB-A(メス)コネクタとOTG/HOST用のミニUSB(メス)のコネクタがあったのだが、「MK802III」ではHOST表示のあるUSB-A(メス)コネクタだけみたいである。

「MK802II」との大きな違いは、同じ様に「MK802II」ではキーボードやマウスを接続するUSB-A(メス)コネクタとOTG/HOST用のマイクロUSB(メス)のコネクタがあったのだが、「MK802III」ではHOST表示のあるUSB-A(メス)コネクタだけみたいである。

憶測ではあるが、ここには外付けHDDなどの他にキーボードやマウスも接続することが可能ではないかと思われる。元々「MK802II」や「MK808」では、どちらに外付けHDDやキーボードやマウスを接続しても動作していた。ただ、同時接続時にはUSBハブが必要にはなる。

それから、HDMI(オス)コネクタが本体に直付けである。これは「MK802II」と同じであり、テレビなどへ直接接続出来る。しかし、放熱のことを考えるとテレビへ直接接続してテレビの熱を受けるより、ケーブルで延長して熱を受けない様ににした方が良い様に思える。ちなみに、「MK808」ではミニHDMI(メス)コネクタとなっており、必ずケーブルで延長して使用することになっている。

他にはメモリが4GBと8GBの2種あるみたいである。「MK802II」は4GBで、「MK808」は8GBだった。

気になる大きな違いはこんなところである。

他に気になることは、「MK802II」ではGoogle Playからクロームがインストール出来なかったが、「MK802III」ではどうだろうか?それから、以前「MK802II」を買ったことがあるが一週間で壊れてしまった。「MK802III」は大丈夫だろうか?これらが改善されているのか気になるところである。

あと、以前、調べたことのある「UG802」も「MK802III」と呼ばれていたりするみたいである。時には「CS802」とも呼ばれているみたいである。注意が必要である。

関連記事(旧ブログ)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


スポンサーリンク